上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あー今日も疲れたな、と、じゃあ今日は夕飯でもいきますかということで、ホテルのロビーに集合してタクシーで夕飯に。

ホテルのフロントでタクシーを呼ぶ。

5分、10分、15分、、、タクシー来ず。どうして端から端まで走っても数分のこの弱小町でそんなにタクシーが来るのに時間がかかるのかはディエンビエン7不思議の一つである。

暫くしても一向に来る様子がないので、フロントにタクシーはどこだと訊ねるも「知らねーよ(俺はもう呼んだし)」という態度。サービス業の癖に相変わらず態度悪いねー。

暫くするとフロントがタクシーが来たと言ってきたので、出口を見るが車は居らず。

「おい、タクシー居ないじゃないか」というと、「正門の前で待ってるから歩いてって」と。

アホか!カープールが目の前にあるのに何でここまで入ってこずに客に歩いて来いとは何事だ。

ここで引いては男が廃る。

「タクシーがここに来るまで乗らない」とフロントに伝えて、車を持ってくるように言う。

それから5分位してやっとカープールにタクシー到着。って、牛歩戦術やったらうちらが痺れを切らして正門まで出てくると思ったのかね。甘いわボケ!

そして車をつけるや否や「客はどこだ!」とフロントを急がせる。自分でいつまでも入ってこなかった(客を迎えにいかなかった)くせに、来た途端に早く早くと客を急かすこの身勝手さ!

ホント腹立つわーと思いつつもタクシーに乗り込み、行き先を告げる。

暫く走っていると、「着いた」という。行き先は312番、「ちょっと行き過ぎちゃったんでこっから歩いて戻って」という。相変わらず失礼で勝手な奴だ。はぁ?と思いつつもこのまま乗っててもと思って金を払う。

代金 14000ドン
支払 20000ドン

。。。釣りなし!というか最初から釣りを払うつもりがない。2万ドンもらったらそのまま財布に入れて車を出す準備をしている。まともなサービスも提供しないのに釣りも渡すつもり無し!ホント腹立つーーー、こういうアホンダラ。

とにかくもういいやと車を降りて、ドライバーの指差す方へ歩き始めたが、どうもおかしい。番号を見る。309番。

。。。そもそも偶数でない上に方向も逆。。。なんだこれ!さっきのドライバー呼んで来い!!!!312番と言ったのに奇数番号の側に落として、更にでたらめなこと言ってる。

いい加減にも程がある!!

腹立つわーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!


スポンサーサイト
またまたまたまたやられましたよ、ベトナム航空には。相変わらず殿様商売というか、商売する気があるのかって感じですが。

5月頭の航空券を購入しようとウェブサイトを見た所、満席の様なので、ベトナム航空(VNA)に電話。私はプラチナ会員なので、特定の路線については出発24時間前までは席が確保される筈なのだ。

私:「X月X日XX時のダナンからハノイの便を取りたいのですが?」
VNA:「すみません、その便は既に満席です。席を確保できません。」
私:「プラチナカードを持っているので予約できますか?」
VNA:「すみません、その便は既に満席です。」
私:「あの、お伝えした様に、私はプラチナカードを持っているのですが?」
VNA:「はい、分かってます。でもその便は既に満席で席がありません。」

既に相当嫌な予感が漂い始める。

私:「あのですね、プラチナカードを持っているので、24時間前までは席が確保できる筈ですが?」
VNA:「それは分かりますが、その便は既に満席で席がありません。」
(分かってねーだろ?)
私:「あの、私が言っていることを理解してないと思うんですが、プラチナ会員には出発の24時間前までには"guaranteed economy class seats"(エコノミー席の確保)というベネフィットがありますよね?私はプラチナ会員なので席を確保してもらえますか?」
VNA:「満席なので、ウェイティングリストに登録しますか?プラチナ会員はキャンセル待ちを優先的に受けられますよ。」
私:「だから、キャンセル待ちじゃなくて、席を確保してくれと言っているのですよ」
VNA:「希望の便は既に満席ですし、そういうサービスは提供していません。」

?????こいつ自社の提供する(それもプラチナ会員に)サービスも把握してない上に、そんなサービスは存在しないと断言しやがった。。。この時点で私の中に相当のアドレナリンが放出されてきた。

私:「あなたね、あなたの会社のウェブサイトに明記してありますよ、確認して下さい。」
http://www.vietnamairlines.com/en/frequent-flyer/ffp-program/membership-benefits
(→"With Vietnam Airlines"をクリック)
私:「ウェイティングリストの優先登録という項目の上に"guaranteed economy class seats"(エコノミー席の確保)と書いてあるでしょ?プラチナ会員は出発の24時間前までと書いてあるでしょ?」
VNA:「いえ、そんなことは書いてありません」

明らかに確認してない即答ぶりに更に怒り浸透!

私:「あなたちゃんとウェブサイト見てるの?あなたの会社のウェブサイトですよ?」
VNA:「見てますがそのようなことは書いていません」

。。。完全に頭おかしい。会話にならん!

私:「あなたが知らないだけなので、あなたの同僚に良く確認して下さい」
VNA:「はい、確認しますので少々お待ち下さい。。。(保留)」

。。。1分。。。2分。。。3分。。。4分。。。5分。。。。。。。。。返事無し!

完全に放置状態。何じゃお前ら!ほんと腹立つ!

ここで負けてはベトナム8年が廃る!すさかず再度電話。

VNA:「ベトナム航空です。」
私:「あの、さっきの~便の席確保の件だけど、どうなりました?確認しますと言ったきり5分待っても誰も電話を取りませんでしたよ。」
VNA:「どの便でしょうか?」
私:「X月X日XX時のダナンからハノイの便です。」
VNA:「その便は既に満席です。」

またこれか。。。

私:「あのね、もう散々説明したんだけど、私はプラチナカードを持っているので、席が確保できる筈だから、予約を入れてくれるかな?」
VNA:「すみません、その便は既に満席です。」

完全にデジャブ状態。ロボットの様に皆同じことを言いやがる。

私:「あのね、その件はもう散々議論したから、さっき他の担当者の人が確認しますって言ってたから、その人と話をしてどうなったのかを教えてくれるかな?」
VNA:「分かりました、確認します。」

。。。1分。。。2分。。。3分。。。4分。。。5分。。。。。。。。。返事無し!

答え難くなると電話を切る作戦か!?!?いい加減にせーよ、ボケナス!

もういい加減時間の無駄だし止めようかと思ったが、いや、ここで負けてはベトナム8年が廃る!すさかず再度電話!

VNA:「ベトナム航空です。」
私:「あのね、さっきから確認しますしますといっては5分以上保留のままで放置されて、もう2度もそんな感じなんだけど、一体どうなってんのよ」
VNA:「ああ、その便は既に満席で席が無いのです。私どもでは状況が分からないので、ダナンの支店に電話して席が確保できるか確認してもらえますか。番号は####です。」

でた、必殺たらい回し。都合が悪くなったり面倒になると直ぐに他の人に押し付けて自分は逃げようとする。こんなことは今まで何度もあったので、その手には乗らない。

私:「あなたね、ハノイが発券の中心でしょう?データベースで全国一緒に管理してんだから、ダナン支店に電話して何が変わるの?適当なこと言わないようにね。ダナンの支店と話が必要ならあなたが支店と話をして私に連絡して。そもそもこの件は交渉が必要なことじゃなくて、「エコノミー席の確保」がベネフィットなんだから、それを処理してくれれば良いだけでしょうに。何で私がダナン支店と交渉しなきゃいけないんだ?」
VNA:「ウェイティングリストには載せられますが、その便は既に満席で席が無いので席を確保できません。ダナン支店と話をしてもらえれば。。。」

。。。もう何を言っても頭が悪過ぎて通じんわ、この会社。

能力を評価せずに役員や幹部の娘息子、親戚ばかり入社させてるとこういうことになるんだと改めて実感。賄賂を払って入る人も多いのは有名な話。

ということで、一旦打ち切り!

発券事務所は一旦諦めて、今度はマイレージ事務所に電話。

私:「私はプラチナ会員なんですが、X月X日XX時のダナンからハノイの便を確保して欲しいんですが、どうやったら出来ますか?」
VNA:「チケット購入については発券事務所に電話して頂けますか?」
私:「いや、もう私も散々電話して話をしてきたんだけど、おたくの発券事務所の人は誰もメンバー特典について理解してないみたいで、満席だから席は確保できないの一点張りなんだよね」
VNA:「済みません、発券はこちらではできないので発券事務所にお願いします。」

ウキーーーーーーーー!!!!もうこの怒りをどこにぶつけてやろうという位の怒りも通り越して訳が分からん。

年間約70回は乗ってプラチナ会員になっても、ベトナム航空の客の扱いはこういう感じ。

社会主義サービスの限界がここにある。
ちょっと出張でハノイへ。

まあなんだかんだ言ってベトナムもここ8年で大分サービス産業の質は上がってきたかなと思ってた私が馬鹿だった。ベトナムではどんな時も油断してはいけない。

ベトナムの「首都」ハノイはノイバイ空港のビジネスクラスラウンジ。

早めにチェックインして仕事でもしようとさっそうと駆け込むが、入った途端に猛烈な暑さ。新しいターミナルだというのに早速エアコンが壊れている。もしくはベトナム得意の省エネ(=ケチケチ)作戦かも知れない。

とにかく暑い。暑すぎる。しかもよりによってグラスウォール。ラウンジそのものがビニールハウス状態だ。誰だこんな思慮に欠けるデザインにしたのは(もしかして援助を供与した日本?)。

暑いなと思いながら席を取りラップトップを開く。と、今度はWIFIも落ちてる。。。

暑いはメールすら読めないわで最悪の状態。ちなみにビジネスクラスラウンジの外はちゃんとエアコンも機能していて涼しい。どう考えても逆だろうが!

余りにも居心地が悪く何もできないもんだから、スタッフに文句を言う。

私:「あの、エアコン壊れてるんじゃないの?毎月使ってるけど、いつも壊れてるんだけど、一体いつ直すの?」

スタッフ:「はい、壊れてますが、私は知りません。私のエアコンじゃないですから。」

。。。。。?!?!?!?!

私のエアコンじゃないって、一体どういうこと??

21世紀のベトナムでこんな回答を聞くことになろうとは思ってもみなかった。

私:「WIFIもいつも使えないんだけど」

スタッフ:「シグナルはありますよ」

私:「いやシグナルあってもインターネットに繋がってなくって使えないんだって」

スタッフ:「それは私も分かりません」

。。。。。?!?!?!?!

私:「いやね、ここビジネスラウンジでしょ?エアコンもWIFIも無くて、外より暑くて不便なビジネスラウンジなんて有り得ないでしょ?分からないじゃなくて調べて修理しなよ。」

「私知りません」という顔をしながらスタッフは聞こえぬフリしてどっかに消えていってしまう。。。

他にも沢山「暑い暑い」と文句を言う人が続出していたが、スタッフは皆聞かぬ振り。私には何もできませんよーという感じで反応もしようとしない。

まずは「すいません」だろーが!!

ちなみに私はチタンカードを持っているが、一年に最低50回は乗らないとこのカードはもらえない。色々サービスしますからと50回以上も乗らせておいて、ラウンジにきたらこの扱い!?

ちなみにベトナム航空では優先荷物すら優先で出てこないこと多々。

----------------

余りに腹が立ったので、使えないラウンジを後にして外のカフェへ。

これで事が解決したかと思ったら、これがまた大間違い。ここはあくまでベトナムである。

カフェの入り口でウェイトレスに訊ねる。

私:「このカフェにWIFIはあるのかな?」

スタッフ:「ありますよ」

私:「そこのラウンジのWIFIが壊れてて使えないんだけど、ここのカフェのWIFIがあるんだよね?」

スタッフ:「はい、ありますよ、まあまずは座ってください」

取り合えず座って飲み物を注文する。

ラップトップを開くがカフェのWIFIらしきシグナルは見当たらない。悪い予感が。。。

私:「どのWIFI使えばいいのかな?」

スタッフ:「ああ、これです」(と指差す)

。。。これビジネスクラスラウンジのWIFIじゃないか。。。。

あのな、そこのラウンジのWIFI壊れてたからここに来たって言わなかったか、俺???

私:「あのさ、ビジネスクラスラウンジのWIFIは壊れてるって俺言ったじゃない?」

スタッフ:「パスワード入れれば使えますよ。パスワードはxxxxxxxです。」

って、ビジネスクラスラウンジのパスワードを一般客に教えて商売してんのか、このカフェは。。。

私:「いや、パスワードも知ってるし、今そのラウンジから出てきた所だから。パスワード入れたって使えないよ。ネットに繋がってないんだって」

スタッフ:「いや、パスワード入れたら使えるようになりますよ」

私:「あのなぁ、俺今そこのラウンジから来たんだって。言ったでしょ?」

スタッフ:「えぇ!?」

私:「あなたそれでここのカフェのWIFIがあるって言ったじゃない?」

スタッフ:「ベトナム航空のやつがありますよ」

私:「いや、だからそれはラウンジのやつでしょ。」

。。。いや、ホント毎度腹立つ、こういう堂々巡りの押し問答。。。。

しかもスタッフはまずいと思ったのか、何か調べるフリしてどっかにいってしまう。

そうこうしてる内に飲み物が運ばれてくる。飲み物を運んでしまえばこっちのもんだと思ったのか、それからは呼び止めてもシレッと無視。

おい、そういう作戦か!!


余りに腹が立ったので、飲み物をそのままにしてカフェを後にする。

今度は空港ターミナルの端まで歩いて、その名も「Lucky Cafe」に。ここのWIFIは落ちてたことがないから大丈夫だろうと、今度は入る前に確認してから席を取る。

よしと思ってブラウザを開いたら、今度は搭乗案内。。。

そそくさとラップトップを閉じて飛行機に搭乗したのであった。

ハノイのとあるデパートの中に韓国料理屋もどきを発見。

入り口のポスターにはビビンバ6万5千ドンと書いてある。

6万5千ドンは安いなと思い思わず入店。ビビンバを頼んでどんなものが出てくるのか不安も半分、楽しみに待つ。まあ変なもんでも6万5千ドンだと心に言い聞かせながら。

しばらくするとビビンバ登場。石焼ビビンバで見た目もいい。これは買いだなと思い、我ながら良いところを見つけたもんだと感心しながら完食。

良かった良かったと会計をお願いするとレシートには12万9千ドンの金額が。。。

えっ、と思い、店員に確認する。

私「あのさ、ビビンバ6万5千ドンって入り口のポスターに書いてあるよね?」

店員「あぁ、はい。ただあなたのビビンバはダブルサイズだったので料金が2倍になります」

(?!誰が2倍下さいって言ったの?)

私「私は量を2倍にしてとは注文してないんだけど」

店員「あぁ、でもあなたが注文したのは量が2倍のビビンバです」

(?!注文して無いって言ってんだけど?)

私「いや私はあのポスターにある6万5千ドンのビビンバを頼んだんだけど?」

店員「あぁ、でもあなたが注文したのは量が2倍のビビンバです」

出た、必殺の堂々巡り。。。ベトナムラビリンスにはまり込む。

何なのかな、相手の話しを全く聞かずに、自分が思った結論だけを繰り返すこの傾向は。ベトナムでは結構そういう状況に直面することが多い。これじゃまるでぼったくりバーみたいじゃないか!!

ちゃんとしたデパートの中でもこういうことが起こっちゃうのがベトナム。

まだまだこの国のサービス産業には改善の余地が有り過ぎる。
ベトナムには実に様々な「バイト」が存在する。

最初に紹介するのが 笑うバイト

● 学生に大人気、テレビ番組を盛り上げる笑い屋バイト


まあこれは言ってみればサクラの様なもので、特に驚くべきものでもない。

お次が 泣くバイト

これはお葬式に呼ばれるサービスだそうで、家族の代りに遺体の前でわんわんと大声を上げて泣いてくれるらしい。。。

勿論最初に浮かぶ疑問は「何で?」である。そもそも家族は悲しくないのか?葬式ってのは家族・親族や知人・友人が故人を偲んで悲しむ訳だから、わざわざ泣く人を雇う必要は無いのではないか??と思ったあなたは普通の人である。

知り合いのベトナム人によれば、葬式で泣かれない人=死を悲しんでもらえない人はろくな人物ではないから、泣くバイトを呼んで悲しみを「演出」するのだそうだ(つまり家族が悲しくない時に雇うってことか??)。

葬式で誰も泣いていないのを隣近所や参加者が知ったら、故人は誰にも悲しんでもらえない悪い人だったと思われてしまうという。どちらかというと故人の為というよりは、残された家族の見栄っ張りのためのサービスなのだ。

家族の一員が死んだというのに見えを張ることを考えている辺りが如何にも超現実主義のベトナムらしい。

そして最後に紹介するのが 恨み晴らしますバイト

● 「貴女の復讐代行します」、古都フエの「怨み屋」サービス

実はこのサービス、以前にもブログで紹介したのだが、嫉妬深くしつこいフエで実際にあるサービスだ。

金さえあれば大抵のことはやってもらえるベトナム社会。暗殺だって驚くべき少額で手配できるというから恐ろしい社会だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。