上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、テニスで一汗かいて帰ってきた時の話。

テニスコートから自宅まではバイクで約5分。この間に交通事故1件、モノを投げる壊すの大喧嘩1件に遭遇。いや~、この社会ってほんとに凄いですね。

バイクの事故は3台を巻き込む衝突事故。橋の上(真ん中)ってのは構造上盛り上がってて、両端から向こう側が見え難くなっている。日本の教習所だったら、先の見えない場所では「かもしれない」運転で速度を落として、更に見通しの利かない場所での追い越しなんてもっての他と教えるが、ベトナムでは一味違う。

両方向から思いっきりスピードを上げたバイクが橋へ向けて一直線。勿論橋の向こう側は見えていないが関係ない。更に前に遅いバイクでも居ようものなら対向車線を使ってでも無理やり追い越す(ベトナムライダーの辞書にセンターラインなどという概念は存在しないのです!)。

それで運がよければ気持ちよく抜けられるが、対向車線に同じ様な考えのライダーが居れば無茶苦茶な正面衝突を起こしてバイクごとぐしゃぐしゃになる。それが今回のケースだった。以前にも同じ様な例を沢山路上で見てきた。殆どが即死だ。先が見えないのに何で高スピードで対向車線走るかなぁ、といつも思うが、これ程事故が多発して、皆それを見ている筈なのに無くならない。

こんなんに巻き込まれたらたまったもんじゃないといつも思う。

昔、停車していたのに2人乗りで会話に集中しすぎて前を見てなかったバイクに思いっきりサイドから突っ込まれたこともあった。冗談じゃないぜ。君らとあの世に行く気はさらさらないのだ。

そしてそのバイク事故の渋滞を潜り抜けて角を曲がると、今度はどっかのオバさんが何かに怒り狂ってモノを投げるわ壊すわ罵倒するわの大喧嘩を繰り広げている。理由は不明。いや~すごいすごい。こっちにまで流れダマが飛んでくるんじゃないかと怖い位だった。

そういえばこの間もランチ食べたレストランの中で昼間っから、机でビール瓶割って刺し殺さん勢いで喧嘩してましたよ。

たった5分間のバイクライドはケニアのサファリパークより実にエキサイティングだった。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakunam.blog64.fc2.com/tb.php/119-35e8b539
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。