上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様明けましておめでとうございます。

今年の初詣はフエ歴代皇帝のお墓参りとなりました。

フエに4年も住んでおきながら皇帝の墓参りは実は初めて。いまさら言えない秘密です(笑)。

ちなみにフエは1802~1945年までの約140年の間、ベトナム最後の王朝となったグエン朝があった土地。世界遺産にも指定されている。

最後が1945年だからそんなに前の話ではない。今でも王族の末裔に街で出会うことがある。といっても、王族の末裔は、今は王宮ではなく、フエの街で普通の庶民生活をしている。

王朝が続いた約140年間で実に13代もの皇帝が居た。長くて20年、短いのは2日と、理由こそ違えども、日本の首相の様でもある。

さてさて、時代を遡って1843年に建てられた二代目・ミンマン帝の帝廟(墓)から。

MinhMang01.jpg

やはり中国っぽいですね。

そして、1867年に完成した四代目・トゥドゥック帝の帝廟へ。

TuDuc01.jpg

TuDuc02.jpg

写真が上手く撮れなかったが、池が大きく緑も沢山。公園代わりに使えそうな広い帝廟だ。

皇帝も健在の時には長期滞在に使用していたらしい。別荘的な感じか。気持は分かる。

そして時代は大分進んで、1931年に完成した12代目・カイディエン帝の帝廟。

KhaiDinh01.jpg

この頃には、グエン朝は既にフランス植民地政府下にあったので、建物からもその影響は明らかだ。建物の中には40歳の誕生日にフランス植民地政府からプレゼントされたバカラのグラスや、皿や花瓶なども飾ってある。

特にカイディエン帝はフランス寄りだったと、現在のフエ人からは「非国民」的な扱いを受けていて、あまり人気が高い方ではない。とにかくフエ人は今も保守的で頑固だ。やれやれといった感じ。

KhaiDinh02.jpg

KhaiDinh04.jpg

KhaiDinh03.jpg

ちなみにカイディエンの次の、最後の皇帝に当たるバオダイ帝は、フランスにも留学していたりして、帰国後により近代的な政治体制づくりをしようとしたが、「保守派」の抵抗で断念せざるを得なかったという。

まるでベトキュウ(越橋=本国のベトナム人は海外で育ったベトナム人をこう呼んで外国人扱いする)扱いだ。

この辺りの、新しいものを取り入れようとしない極めて保守的なフエの気質は昔からなんだなと痛感させられるのだ。

今でもそうだよなぁ、色んな意味で。。。意味もなく頑固。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakunam.blog64.fc2.com/tb.php/177-197d11a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。