上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災が発生してから9日間が過ぎようとしている。

この間に、政府関係者、個人的な知り合いを含め、当地のベトナム人からは数々の問い合わせ、激励、日本に対するお悔やみを頂いた。その中にはわざわざオフィスまで足を運んでくれた方々も居た。ベトナムという国が災害頻発国であるということ、特にフエは大きな被害を出した1999年の大洪水を経験しているということもあってか、こうした災害には同情の感が強いのかも知れない。

また同時に、複数のSNSやEmail、Skypeなどを通じて、私がベトナムに居ることを知りながらも世界中の知り合いが私の安否を確認してくれたことは非常に有り難く、新鮮な体験であった。余りの安否確認の多さに、数日間はその返答にかかりっきりになった位であった。

特に反応が早かったのがイタリア人グループであった。元々仕事の関係もあり、イタリア人の知り合いが多かったということもあるが、イタリア人は友人の繋がりを家族の様に大切にするということもあり、大震災のニュースが報道され始めるや否や、すぐさまFacebook、Skype、Email等を通じて「大丈夫か」と確認が届いた。余りにイタリア人らしい。

こうした機会に人と人との繋がりが再認識できたのは大きな収穫であった。大震災は正にソーシャル・ネットワークを実感させてくれた。これだけの人の元に己があるのだということを改めて感じさせてくれた。連絡をくれた皆に、この場を借りて改めて感謝したい。

私の親戚もある東北地方、ニュースを見れば見るほど心の痛む災害である。
昨夜はニュースの見過ぎか、災害の夢を見てしまった。

--------------

さて、話しは変わって大震災に絡んでベトナムでもちょっとした混乱が起きている。

大震災と原発事故の後、「震災の影響で酸性雨が降る」「放射性物質を含んだ雨が降る」などといった出所不明の情報がベトナムで流され始めた。更には、日本のヨウ素についてのニュースが伝わったのか、「放射線の雨に当たったら、特別な薬を薬局で買って飲まなければならない」といった情報までもが流され、ベトナム人は大混乱。

我がプロジェクトのスタッフや政府職員でさえ、「酸性雨や放射線の雨が降るから、雨の日は外に出ない様に注意が出ている」などといってラグーンに行くのを渋る人も出てきた。

そんな情報をどこで入手したのか訊ねると、皆、Yahoo alertから送られてきたとか(偽メールと思われる)友人からメールが転送されてきたとか、どれもこれもそういう情報を信じるなよ、という情報源ばかり。公式な情報は一切確認せず、慌ててそれをまた知り合いに転送するから大混乱になる。ベトナムらしいと言えばらしいが。

そういえば、フィリピンでもそういう情報が出回っているとニュースにあった。

これを受けてベトナム政府も、放射性物質を含んだ雨が降るとか、そういう事実はないから冷静に行動するよう国民に呼びかけている。

大震災を受けた被災地の人々より、遠く離れたベトナムの人の方が混乱に陥っている様に映るのは私だけか?
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakunam.blog64.fc2.com/tb.php/190-abd894d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。