上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハノイのとあるデパートの中に韓国料理屋もどきを発見。

入り口のポスターにはビビンバ6万5千ドンと書いてある。

6万5千ドンは安いなと思い思わず入店。ビビンバを頼んでどんなものが出てくるのか不安も半分、楽しみに待つ。まあ変なもんでも6万5千ドンだと心に言い聞かせながら。

しばらくするとビビンバ登場。石焼ビビンバで見た目もいい。これは買いだなと思い、我ながら良いところを見つけたもんだと感心しながら完食。

良かった良かったと会計をお願いするとレシートには12万9千ドンの金額が。。。

えっ、と思い、店員に確認する。

私「あのさ、ビビンバ6万5千ドンって入り口のポスターに書いてあるよね?」

店員「あぁ、はい。ただあなたのビビンバはダブルサイズだったので料金が2倍になります」

(?!誰が2倍下さいって言ったの?)

私「私は量を2倍にしてとは注文してないんだけど」

店員「あぁ、でもあなたが注文したのは量が2倍のビビンバです」

(?!注文して無いって言ってんだけど?)

私「いや私はあのポスターにある6万5千ドンのビビンバを頼んだんだけど?」

店員「あぁ、でもあなたが注文したのは量が2倍のビビンバです」

出た、必殺の堂々巡り。。。ベトナムラビリンスにはまり込む。

何なのかな、相手の話しを全く聞かずに、自分が思った結論だけを繰り返すこの傾向は。ベトナムでは結構そういう状況に直面することが多い。これじゃまるでぼったくりバーみたいじゃないか!!

ちゃんとしたデパートの中でもこういうことが起こっちゃうのがベトナム。

まだまだこの国のサービス産業には改善の余地が有り過ぎる。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakunam.blog64.fc2.com/tb.php/296-52522d1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。