上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと出張でハノイへ。

まあなんだかんだ言ってベトナムもここ8年で大分サービス産業の質は上がってきたかなと思ってた私が馬鹿だった。ベトナムではどんな時も油断してはいけない。

ベトナムの「首都」ハノイはノイバイ空港のビジネスクラスラウンジ。

早めにチェックインして仕事でもしようとさっそうと駆け込むが、入った途端に猛烈な暑さ。新しいターミナルだというのに早速エアコンが壊れている。もしくはベトナム得意の省エネ(=ケチケチ)作戦かも知れない。

とにかく暑い。暑すぎる。しかもよりによってグラスウォール。ラウンジそのものがビニールハウス状態だ。誰だこんな思慮に欠けるデザインにしたのは(もしかして援助を供与した日本?)。

暑いなと思いながら席を取りラップトップを開く。と、今度はWIFIも落ちてる。。。

暑いはメールすら読めないわで最悪の状態。ちなみにビジネスクラスラウンジの外はちゃんとエアコンも機能していて涼しい。どう考えても逆だろうが!

余りにも居心地が悪く何もできないもんだから、スタッフに文句を言う。

私:「あの、エアコン壊れてるんじゃないの?毎月使ってるけど、いつも壊れてるんだけど、一体いつ直すの?」

スタッフ:「はい、壊れてますが、私は知りません。私のエアコンじゃないですから。」

。。。。。?!?!?!?!

私のエアコンじゃないって、一体どういうこと??

21世紀のベトナムでこんな回答を聞くことになろうとは思ってもみなかった。

私:「WIFIもいつも使えないんだけど」

スタッフ:「シグナルはありますよ」

私:「いやシグナルあってもインターネットに繋がってなくって使えないんだって」

スタッフ:「それは私も分かりません」

。。。。。?!?!?!?!

私:「いやね、ここビジネスラウンジでしょ?エアコンもWIFIも無くて、外より暑くて不便なビジネスラウンジなんて有り得ないでしょ?分からないじゃなくて調べて修理しなよ。」

「私知りません」という顔をしながらスタッフは聞こえぬフリしてどっかに消えていってしまう。。。

他にも沢山「暑い暑い」と文句を言う人が続出していたが、スタッフは皆聞かぬ振り。私には何もできませんよーという感じで反応もしようとしない。

まずは「すいません」だろーが!!

ちなみに私はチタンカードを持っているが、一年に最低50回は乗らないとこのカードはもらえない。色々サービスしますからと50回以上も乗らせておいて、ラウンジにきたらこの扱い!?

ちなみにベトナム航空では優先荷物すら優先で出てこないこと多々。

----------------

余りに腹が立ったので、使えないラウンジを後にして外のカフェへ。

これで事が解決したかと思ったら、これがまた大間違い。ここはあくまでベトナムである。

カフェの入り口でウェイトレスに訊ねる。

私:「このカフェにWIFIはあるのかな?」

スタッフ:「ありますよ」

私:「そこのラウンジのWIFIが壊れてて使えないんだけど、ここのカフェのWIFIがあるんだよね?」

スタッフ:「はい、ありますよ、まあまずは座ってください」

取り合えず座って飲み物を注文する。

ラップトップを開くがカフェのWIFIらしきシグナルは見当たらない。悪い予感が。。。

私:「どのWIFI使えばいいのかな?」

スタッフ:「ああ、これです」(と指差す)

。。。これビジネスクラスラウンジのWIFIじゃないか。。。。

あのな、そこのラウンジのWIFI壊れてたからここに来たって言わなかったか、俺???

私:「あのさ、ビジネスクラスラウンジのWIFIは壊れてるって俺言ったじゃない?」

スタッフ:「パスワード入れれば使えますよ。パスワードはxxxxxxxです。」

って、ビジネスクラスラウンジのパスワードを一般客に教えて商売してんのか、このカフェは。。。

私:「いや、パスワードも知ってるし、今そのラウンジから出てきた所だから。パスワード入れたって使えないよ。ネットに繋がってないんだって」

スタッフ:「いや、パスワード入れたら使えるようになりますよ」

私:「あのなぁ、俺今そこのラウンジから来たんだって。言ったでしょ?」

スタッフ:「えぇ!?」

私:「あなたそれでここのカフェのWIFIがあるって言ったじゃない?」

スタッフ:「ベトナム航空のやつがありますよ」

私:「いや、だからそれはラウンジのやつでしょ。」

。。。いや、ホント毎度腹立つ、こういう堂々巡りの押し問答。。。。

しかもスタッフはまずいと思ったのか、何か調べるフリしてどっかにいってしまう。

そうこうしてる内に飲み物が運ばれてくる。飲み物を運んでしまえばこっちのもんだと思ったのか、それからは呼び止めてもシレッと無視。

おい、そういう作戦か!!


余りに腹が立ったので、飲み物をそのままにしてカフェを後にする。

今度は空港ターミナルの端まで歩いて、その名も「Lucky Cafe」に。ここのWIFIは落ちてたことがないから大丈夫だろうと、今度は入る前に確認してから席を取る。

よしと思ってブラウザを開いたら、今度は搭乗案内。。。

そそくさとラップトップを閉じて飛行機に搭乗したのであった。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakunam.blog64.fc2.com/tb.php/303-b10d1c59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。