上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナムのフエってのは、フエの人達が思っている程有名な観光地でもないし、世界遺産に指定されている割に見所もない訳だが、それに拍車をかける様に観光についての戦略がない。

つまりお客さん(観光客)に来てもらうということはどういうことかを全く理解できていない訳だ。

その良い例が、来年から閉鎖されるフエ空港の例だ。

その1:今年(2012年)はベトナム観光年フエ観光年で散々フエを観光地として宣伝しておいて、来年は早々からフエの空港を8ヶ月間にも亘り閉鎖するという矛盾。

その2:来年3~10月に8ヶ月間もフエの空港が閉鎖されるというのに、4月に市内王宮・帝廟等の入場料を45%(55,000->80,000ドン:約2.5→4ドル)も上げちゃう矛盾。

どれも「なんじゃこりゃ?」というアレンジばかり。

フエの空港が閉鎖されれば隣町ダナンから2~3時間もかけて車で来てもらわなければならないのだから、そうした不便な期間中位、入場料を無料にして積極的に宣伝をして、少しでも多くの客に来てもらう。来てもらって地元のホテルやレストランや土産屋に金を落としてもらう、って考えても良い位だと私は思うが、人が来ない時期に入場料45%も上げちゃう田舎町フエ。タイミング悪いにも程がある。

世界遺産管理事務所の目先の収入のことばかり考えて、フエの観光産業全体のことを考えられていないのが丸分かりな行動だ。

こんなんじゃただでさえつまらないフエなどに観光客は来なくなる。

ちなみにハノイの文廟は入場料20,000ドン。フエの王宮にその4倍の価値があるとは到底思えない。

いくら世界遺産だって騒いでみた所で、フエの王宮はちっぽけだし、歴史だって200年位(1802-)しかないのだ。

天下のアンコールワットなんかにはどの側面を取っても勝てそうにない。そして(アンコールワットのある)シエムリアップの方が圧倒的に楽しい街だ。味わいのある町なのに、おしゃれでゆっくりできる個人経営のレストランやバーもあるルアンパバーンにも遥かに負けている。

そんな中、フエを選ぶ理由は何か?

フエの観光には本当に戦略がない。超保守的なフエ人にとって、観光客など結局はどうでもいいのかも知れない。

さあ、どうする、フエの観光局?
ホテルのエアコンがまた壊れた!!

今までは1F部分だけで、これも既に3ヶ月以上が経過するが、いつ直るのか、直すつもりなのか、続報すらない。

そして先週から今度は2F部分のエアコンも壊れた!!

2Fは寝室だが、ガラス張りで窓の開かない部屋は暑くて寝苦しい。しかし、これについても一切連絡すらない。

「すいません、壊れてます」の一言位言えないもんか?金だけ取って、問題が起きてもまるで何も起きなかったかのごとく知らん振り。こちらが壊れていることを指摘するまで知らん振り。

そして挙句の果てにベッドルームの照明も電球切れ!!

一体どうなってんだ、このホテル!!
世界中でよく知られた国際スピード郵便、通称EMS。

このサービスは勿論ベトナムでも使える訳だが、日本からEMSで荷物を送ると手元に届くまでに約1ヶ月もかかる(ように最近なった)。大そうな「スピード」郵便である。

船便かい!という尋常じゃない遅さであるが、一体どういう訳か。ちなみに日本(成田)からベトナム(ハノイ)は直行便でたった約6時間である。一箱送れば1万円もかかる様な料金を取られるのに船便並みの遅さというのは舐めすぎていると思わないか。

この尋常じゃない遅さを紐解いてみると、これがベトナム政府(税関)の仕業だということが分かる。

オンラインの記録によると、日本で荷物を出してからベトナムに到着するまでには実は1~3日しかかかっていない。しかし到着した荷物がベトナム税関で検査されて、手元に届くまでに2-3週間かかっているのだ。

とある情報元によると、最近ベトナムの通関手続きが変わって、以前よりも更に時間がかかる様になったとのこと。時代の流れに逆らう手続きの複雑化。ベトナムは一体何がしたいのか。

それにしてもいくら通関とは言え、EMSの客を1ヶ月近くも待たせることに何とも思わないのか。「思わない」というのがベトナム政府の答えなのだろうが、余りにも酷すぎる。

ベトナムでビジネスをしている人々も頭を悩ませているに違いない。それでもビジネスは走り続けなければならないので、賄賂を渡して早く処理してもらっている企業も多いのだろう。新たな決まりが出来るとそれに寄生する役人により賄賂・不正が必ず生まれる。

こうして人々の生活は益々不便・不自由になり、賄賂を払えない者は普通のサービスすら受けられなくなる(学校教育から医療まで、基礎サービスが既に良い例であり、ベトナム人民は誰しもがこのことを知っている)。

ベトナム社会主義国の悲しい現実である。
いやぁ、またベトナムな事件が発生しました。毎度有難うございます!

1週間程前に我がプロジェクトで行ったお金の振込み。
振り込み手数料16500ドン(1ドル弱)。

その時は、上顧客にも関わらず相変わらずやたらと待たされた以外は普通に振込みも完了し、オフィスに戻った。いやぁ、それにしても、いつも通りの顧客完全無視の社会主義的サービス。「やってあげてんだから静かに待ちなさい」的な仕事態度。って、手数料も払ってるし、好意でやってもらってるんじゃないんだこのドンキー!といつも思うが、そんなこと言っても始まらないのがこの国の悲しい現実。文句でも言おうもんなら「何だ、客のくせに!何にもやってやんないぞ!」とでも言われかねない情勢。

さて、数日後、帳簿の残高と銀行の残高を比べるとが何だか合わない。調べると、振込みの後日に5500ドンが口座から引き落とされている。んん、何じゃこれ?記憶なし。

スタッフに早速銀行に電話させる。

スタッフ:「あの、最近5500ドンが口座から引き落とされている様ですが、こちらにその記録が無いので何かの間違いだと思いますが?」

銀行員:「あぁ、この間振込みの時に間違えて手数料を16500ドンにしてしまったので、差額の5500ドンを追加で引き落としたんです」

???

「引き落としました」って誰が許可したのよ?「間違えました」って、こちらから電話して初めて知ったし。

間違えたなら勝手に引き落とす前に謝りの電話して来んかい、くぉら!

まるで顧客の金は自分の金と言わんばかりの自由なカネ捌き。そういえば、数年前に銀行員と支店長か何かが結託して顧客の口座からカネ引き出してたってニュースもあった。知り合いの銀行員に会ったら残高知ってたこともあった。

てなことで、誰が追加の手数料引き落としていいって許可したのか銀行に問い正せとスタッフに言うものの、どうやら銀行は「追加の手数料です」の1点張りで「勝手に引き落とした」ことには一切触れようとせず、話はどうどう巡り。やっぱり「済みませんでした」の一言がいえないベトナム人。毎度ご馳走様です!!

ちなみにベトナムでは、相手を怒らせてしまった時に何と言うかというと「dung gian nhe」(怒らないで下さい)と言う。テメーのせいで怒ってんのに「怒らないで下さい」って、まるで怒ってる方が短気で問題ある様な言い方。ホントにこの国には人を苛立たせる天才的才能がある。

さて、話を本題に戻すと、結局規定の手数料なんだったら仕方がないが、間違えて追加で引き落とす時は一報入れる様に言って、追加で引き落とした分の領収書を出すよう言う。

すると、銀行員:「はい分かりました。都合のいい時に領収書を取りに下さい」

!?!?!?

お前が届けに来るんじゃ、ボケナス!!

もう青筋が500本位切れて緊急輸送直前。

あぁ、悲しきベトナムのサービス業。

超高給取りの銀行員でもこれじゃこの国のサービス業に明日はない!
最近のベトナムは大都市を中心にこういうのに結構許容度が高いです。あけっぴろげというか何というか。

● 寂しい女性向け?の新サービス出現、男性同性愛者も承り

金持ちが増えたということでしょうか。

ちなみに、精子バンクならぬ、待ち合わせしてホテルに行くという超直接的な精子提供サービスまであるとか(本当に妊娠目的です)!ウェブで学歴、容姿など条件で選べるそうです。。。

もちろん、皆がそういうことをしている訳ではないです(笑)。

念の為。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。