上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナムでよくある怒りのひとつに、「全部やりました」といっておきながらやってないことが余りにも多い、というのがある。

この間の話。

新しいオフィスを開くのに必要な備品をリストアップして、期限までに「全部準備すること」とスタッフに伝えた。「分かりました」とスタッフ。数も10種類程度だし、リストまで一緒に作って、後は買うだけだから流石に大丈夫だろうと思っていたら大間違い。

期日が来たので、オフィスの備品は準備できたか、と訊いたら、「全部準備できてます」という。

ほうほうそうかと思って今日オフィスを見に行くと、リストにある備品が見当たらないじゃないか。

それも一品じゃなく複数。

部屋に戻ってスタッフに再度確認する。「延長コードと湯沸しポットが無いみたいだけどどこにあるのか」。

スタッフ「あー、その二つはまだ買ってません」

。。。!?

お前、こないだ「全部」準備できたと言わなかったか?


私「お前こないだ全部準備できたって言わなかったか?」

スタッフ「はい、でもお金が足りなかったので(云々。。。)コードとポットは買ってません」

私「じゃあ全部準備できてないやないか!」

スタッフ「あぁ、そうですね」

そうですねじゃない、今すぐ買いに行かんか!!!!!!!!

こういうくだらない怒りは日常茶飯事である。
長らく更新が滞りましたが、無事生きております。

さてさて、依然奇想天外なこの国ベトナム。特にこの国の労働市場の未成熟ぶりには毎度驚かされて(呆れさせられて)ばかりですが、最近もまた一つ呆れた出来事が。

色々と問題・トラブルを抱えて解雇通知に至った一人のスタッフ。職場に子供は連れてくるわ(子供はオフィスでゲームに熱中)、公用車に無断で子供を乗せるわで、仕事ぶり以外にも職場で様々な注意を受けていたが、しまいには何が悪い、仕事に何も影響がないではないかと開き直る始末。とういことで早々にお引取り頂くこととなった訳だ。

しかしここからもうひと踏ん張りするのがベトナム流。私の所に連絡してきて、最終日までに「推薦状」を用意しておいてくれとのこと。それも「頂けたら幸いです」でなく、「用意しておいて」とまるで当たり前の用に書いてくる。そもそも自分が問題を起こして「解雇」されたのだという自覚はなく、未だに自分は悪く無いと思っている。解雇通知を受けといて雇用主に「推薦」状を書いてくれってのは本末転倒な話で、普通の人間ならとても不可能な話だということぐらい分かる筈ですが。。。

わかんないんですね、この辺が。

推薦できるくらいなら解雇してませんよ!
ここに来てまたベトナム航空関係者の犯罪が頻繁に報道される様になってきた。

<ベトナム窃盗団>空港への運び役CA、万引き役ら逮捕

こうした問題は今に始まったことではなく、実はかなり以前からメディアを騒がせている。

機内での現金盗難から盗品密輸まで、これまでにも度々問題になってきたのにまだまだ起きるベトナム空港関係者(キャビンアテンダント)による犯罪。

以前はほぼノーチェックでスルーできた関係者用のゲートでの検査を強化するという記事も以前目にしたが、それでも形を変え様々な犯罪は続いている様だ。

一般にベトナム航空の社員になるのは難しいと言われており、給料もそう悪くない筈だが、背景には「職権も利益の内」とするベトナム特有の仕事に対する考え方が色濃く反映されているのだろう(勿論皆がそう考えている訳ではないが)。

つまり、調達担当になって得られる「業者を選択する」という職権は、給与以外の仕事の利益の一環であり、それを活用して所得を増やすこと(例えば業者から金をもらうなど)は普通のことと考える人も少なくないのだ。注文受付窓口の担当者が、会社で受けた注文を、自分や親族の会社に投げていたという話も聞いたことがある。これも「職権も利益の内」という考えを表すものである。

ハノイなどの大都市では最近UNIQLOやSHISEIDOなどの日本製品を扱う小規模小売店がやたらと増えてきた。ベトナム語のラベルが貼られていない所を見ると日本から直接持ってこられた可能性が高い様に見える。小売店経営者できちんと日本で購入して自分で持ってくる人も居る様だが、市場に出回るこうした製品の何割が盗品なのかとハノイの街を回っていていつもふと思うのである。


いやいや更新が滞りましたが、相変わらずベトナムラビリンスを体験する毎日が続いております。

過日またこんな話が。。。

あるスタッフが腰の調子が悪いのでオフィスに来れないと連絡をしてきた。まあ歳もそこそこであるしそういうこともあるのかなと思いつつ、それでは仕方がないと了承した。ただ実はその直前に他のスタッフが椎間板ヘルニアで長期の病欠を取っており、何だかそれと全く同じパターンの病欠の仕方。どうも胡散臭いなと思いつつも、「嘘だろう」とは言えないので、認めることに。

月曜から休んで木曜になっても何も状況連絡が来ないので、オフィスから電話を掛けるが電話が通じず。やっと通じたと思ったら、腰の調子が悪く治療が必要なので同日にハノイに戻って治療をするという。これもその直前に病欠を取っていたスタッフと全く同じパターン。やっぱり胡散臭いと思うが、「嘘だろう」とはやはり言えないので認めることに。その代りきちんと医師の診断書を持ってくる様に指示する。スタッフは「OKOK」と空返事。

そしてその翌週は彼が前もって申請していた自称「娘の結婚式」がサイゴンであるので1週間の有給休暇を既に取っている。娘は既に結婚しているという噂も一部のスタッフの間ではあったが、それにも併せて、腰痛で治療で仕事もできない彼がサイゴンまで行って結婚パーティーには参加できるんだなというのがポイント。彼は酒癖が悪いことでも有名だ。

そして結婚式が終わった週末(既に休み初めてから2週間が経過)、日曜遅くにまた彼からメールが入り、腰の状況が回復せずハノイで継続的な治療が必要なのでオフィスに月曜からは戻れないと。後1週間休みますとの連絡。結婚パーティに出て(本当かはわからないが)、帰ってきて仕事には出れないというこの責任感の無さ。呆れるが療養が必要というものを断る訳に行かないので、また医師の診断書とハノイに滞在して1週間の治療が必要であるということを明記した書類を後日持ってくる様指示。また「OKOK」と空返事。

また一週間がたった日曜遅く、彼からまたメールがあり、腰の状況が回復せずハノイで継続的な治療が必要なのでオフィスに月曜からは戻れないと。後1週間休みますとの連絡。本気かよと皆思いつつも、診断書があれば文句は言えないので、半ば呆れながらもお大事にと伝える。これで4週間の事務所不在。

そしてまるまる1か月を休んだ後にオフィスに戻ってきたのだが、本人はやたらと元気で腰の不安などまるで無さそう(腰を気にもしていないしコルセット的なものも付けていない)な上に、提出してきた「診断書」とやらが住所はダナンになってるわ、医者個人の名前だけで連絡先も使えないわ、署名だけでスタンプも押してない代物だった。それも記載してあるのは診断結果だけで長期必要の有無についても記載してない。

これは相当怪しい。怪しすぎる。

本人に提出された診断書は正式なものとして認められない旨を伝えるが、「医者がそれを出したので医者の責任だ」とか「自分はもらったものを提出しているだけで責任は全くない」だとか言い出す始末。

「あなたには事前に長期病欠に必要な手続きについて事前通知もしているのだから、必要な書類をオフィスに提出するのはあなたの責任だ。医師が手続きに使えない書類を出してきたなら、確認してその場で指摘するのはあなたの責任。こちらは正式でない書類を渡されても認められません。」と伝えるが、そんなこと知るかという態度。

やっぱり仮病だったなという感じが90%。結婚式すら嘘だったんじゃないかという直観が。

ただ仮病使っててっきり仕事をさぼっていただけ(ハノイの家族と楽しい時間を過ごしていただけ)というのが大方の予想ではあったが、彼はそれを遥かに上回る行動に出ていたことが後に判明するのだ。

彼がオフィスに戻って数日経ったある日、とあるタクシードライバーが「彼は最近毎日現場に行っていたよね」と口走ったのだ。

「はぁ????彼は4週間腰の治療の為にハノイに居た筈だけど??」

タクシー運転手もここでしまったという顔になる。

そうだ、彼は実は腰の治療でハノイなどには戻っていなかったのだ。よくよく話を聞くと、どうやら他のドナーの短期コンサル業務を請け負って、仮病をしながらそれを3週間程度やっていたらしいのだ。それも同じ省で!!!

短期コンサルの仕事は日払い制で、長期契約に比べて単価が高い。こちらとフルタイムの労働契約があるのに目先の金に目がくらんで仮病を使って高級アルバイト、ということだ。そして偽造した診断書への指摘にも自分は間違っていないと開き直っている。冗談にも程がある!!大馬鹿者!!

後日、本人に本件問い正すと、もう隠せないと思ったのか、事実を認めた。どうやら南部の省にも仕事で行っていたらしいからサイゴンでの娘の結婚式も嘘だった可能性が。。。一体どこまで嘘つきなんだ、こいつは!!

しかしそこから本人は更に驚くべき発言を繰り返す。「自分はオフィスとの関係を保つ為にストーリーを作ったんだ」「だから嘘をついたりオフィスの人を騙したりした訳ではないし、私はそういうことをする人間ではない」。

「は?????????????????????????????????????」

どこまでも自己中心的な解釈で嘘をついて仮病で休んだことすら認めようとしない。

もう怒りや呆れを通り越した次元に入りむしろ滑稽な位だ。

ちなみに同人物は業務上も様々な問題を起こしてきた当本人であるので、既に首を切ることが決まっていた人物でもある。どうせ辞めるので何しても気にしないという感じなのかも知れない。

余りに酷いので、本人をオフィスに呼んでマネジメントと本件について会合をするも、朝から酒に酔ってその会合に出て来る始末で、呂律すら回っていない。

「本人の問題を話し合う為のマネジメントとの会合に酒に酔ってくるとは何事だ」と指摘するも、「お前らも酒臭いことがあるじゃないか」と逆切れする始末。もう終わってますね、この人は。会合は即中止。

とりあえず本件に時間を使うのはもう無駄、ということで、すべて無給扱いとして処理。もうこれ以上本人と話をしても仕方が無い。

しかし彼の問題は留まることを知らなかった!!

今週のこと。その本人が他のスタッフと朝からもめている。「俺は午前で戻ってきたいのにアイツ(他のスタッフ)は一日フィールドに行くと言っている」「俺は午前で帰ってくるから俺の車を手配してくれ」。何様だという態度。それも朝からやたらと酒臭い。また飲んできている。。。

また酔っぱらってオフィスに来るなと指摘されるも「俺は酔ってなんかない!!!」と逆切れして怒鳴り散らす始末。もうこれでもかという感じ。

そして昼に戻ってくると更に村で酒を飲んできた様で、完全に呂律が回っていない。フラフラとオフィスの周りを俳諧している。再度オフィスに指摘されるも「俺は酔っぱらってない!!」とまだ怒鳴り散らす。もう俳人そのものだ。

彼にはもうオフィスには来なくて良いと最後通告をし、翌日からすべて無給休暇扱いとして契約終了日を待つこととなった。

いやはや、尋常じゃないです、こういう労働者。
最近巷を騒がせているホテルの食材偽装問題。

意図的な偽装があったのか単なる間違いだったのかはさておき、たいそうなホテルのキッチンがこれを把握できていなかったとは到底思えないのだ。

その一例が大阪リッツカールトンの中華料理屋。

ニュースによれば、ブラックタイガーを「車エビ」、バナメイエビを「芝エビ」と表示していたとのこと。

ブラックタイガーもバナメイもベトナムで大量に生産されるエビの種類で、日本で昔から馴染まれている車エビや芝エビなどの代替として日本の市場に入り込んでいるエビだ。私もその生産現場を日々見てきた一人だ。

日本のスーパーに行けば、ブラックタイガー(和名:ウシエビ)やバナメイエビと表示されたエビが沢山並んでいるので、主婦にはよく知れた名かも知れない。どれもクルマエビ科のエビではあるが、この科には現存するものだけで実に224種ものエビがいる。車えびはその中のたった1種に過ぎない。

最近の日本の寿司屋ではエビの握りを頼んでもブラックタイガーが出てくることが実は多い。しかしこれは「エビ」の握りと言っているので間違いでも偽装でもないが、握っている本人にそれが何エビかを聞けば握る側は確実に知っている。蕎麦屋の海老天に至ってはほぼ100%がブラックタイガーではないかという位、日本のエビ市場はブラックタイガーやバナメイの様な輸入エビが牛耳る世界になっている。

しかし、これらのエビは名前も違えば、市場での価格も異なり、料理人がそれを混同するということはまずありえない。主婦ですら余りないかも知れない。そもそも車エビとブラックタイガーは見た目からして大分違う。

ましてやリッツの様な有名ホテルのシェフがそれらの違いを知らないなどということは1000%有り得ない訳で、そうした人達は自分達が出している料理のメニューにだって目を通している筈だ。メニューに「車エビ」「芝エビ」と書いてあって、自分達がブラックタイガーやバナメイを調理していれば、一瞬でおかしいと気付く筈だ。

途中で仕入れを変えたから気付きませんでしたとか、単なる誤植ですみたいな話でお茶を濁すべきではない。食材に触れる料理人は確実に知っていた筈だ。それを放置して料理をし続けていたとすれば、彼らの料理人としての資質を問わねばならないだろう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。